洋芝の管理DIY西洋芝の育て方芝生の手入れ
失敗から成功
こうして覚えた西洋芝職人の手入れの知恵

    西洋芝DIYで模様を作る芝刈り方法を公開中
TOP 面白い話
種子のまとめ買いなら一番安い店舗   小口で買う店  ドックランの整地
芝生の消える要因と枯れる原因の例と対処法や芝管理の簡単な手入れの目安
作業や状況 症状 原因  対処法
 芝刈りの後  枯れ始める  一気刈り<底刈り・軸刈り>  カットは上部 30ー50%と理解する
 芝刈りの後  枯れ始める  刃の切れ味不足  新品と交換もしくは刃の調整
 雨の後  腐り消える  ピシウム菌による病気発症  シバクリンかパンソイルかアリエッティを散布
 水やり過多  消える  根腐れ  季節別散布量と時間帯を理解する事
 水やり不足  葉が急に濃くなる  過乾燥  表土が乾いたら即水やりを
 肥料の後  枯れる  肥料やけ<安物か濃度障害>   取りあえず洗い流し回収
 殺菌剤散布後  裸地化  濃度が濃すぎる<泡もダメージになる>  追い蒔きで再生を
 発芽後  軟弱化  肥料不足か水不足か土壌PH異常  液肥か水やりを早めに散布とPH値測定
 管理中黄化  黄ばみ枯れ始める  施肥形態の選択ミスも要因   速効性か遅効性若しくは微量要素も考慮する
 軟弱な葉  張りの無い葉  肥料や水不足か肥料や水やり過多  原因をどちらか見極めてから処置
 
種まき後、発芽から初期の芝刈りまでの洋芝の手入れ管理方法

 項目             作業内容               効果・期待・結果 
 水やり  発芽するまでは乾かさぬように  発芽を早める為
 発芽後の初肥料  発芽後1cm位に出揃ったら施肥のタイミング  通常の液肥やリン酸肥料やカリ肥料{微粉ハイポネックス}を散布
 初の芝刈り  3−5cm前後に成長したら芝刈りの時期  成長点を上げず脇芽を増やし丈夫なターフ作りの為
 追肥  発芽後1ヶ月した頃完熟堆肥を揉み込むように施肥  ゆっくり栄養素を吸収して生育できるように
 殺虫剤  スミチオン又はマラソン又はオルトラン顆粒の散布  土壌中や飛来する食害虫を回避するため
 殺菌剤  発芽時の立ち枯れ病にはシバクリンを散布  立枯れ病と発芽促進を望むなら殺菌剤はタチガレエースを推奨
 水やりの基本  表土が濡れている場合には水やりは行わない  過湿や過乾燥の違いを理解するように
 芝刈りの基本  葉が乾いている状態にしてから刈り込みを行う  葉が常に立っている状態が健康の基準
 芝刈りの極意  一週間に2度は芝刈りを行う  一度刈り高を決めたら、以後2cm以上は、伸ばさぬように
 肥料の基本  夏と冬以外は有機肥料と化成肥料を生育にあわせて  夏前と冬前の施肥効果が芝のダメージへの良し悪しを決める
 施肥の極意  完熟堆肥有機肥料尿素をうまく使い分ける、但し日陰や
 過剰散布は軟弱化の要因になるので禁物である
 バランスとタイミングで肥料切れを起さぬ管理は大切だが
 カルシウムやマグネシウムの流失や硝酸態窒素による根焼け注意
 殺菌剤の基本  雨や湿度と高温と乾燥に分けると病気が見える  二つの病気に分けると理解が早まる
 殺虫剤の基本  1ヶ月に一度の散布処置を実行  幼虫や成虫をすべて排除するのが目的

暖地型芝生・夏芝の手入れ春の管理方法<2007年4月9日の春のデータ>
 項目 芝生の更新作業の時期と目安               芝生の作業内容 
高麗芝・姫高麗芝  2月の早い時期からの更新作業も効果はある 枯れ葉を刈り取りエアレーション後完熟堆肥や油粕や草木灰の施肥
 つくばグリーン  3月後半からの萌芽で遅い生育種  テコでも動かないタイプのようだ。日陰・耐陰性には良好
 ティフトン419  2月頭から新芽が出揃う早生な種類  日陰は最悪しかし生育の早さや柔らかさはダントツ
 バミューダグラス  3月前半から若葉が動き出す  真冬の発芽でも枯れる事も無くそのまま生育する
センチピードグラス  2月後半から黒ずんだ葉が動き出す  冬場も黒ずみながら生育する場所もある
    野  芝  3月後半からゆっくり新芽を出す  高麗芝や姫高麗芝に近い枯れ方をする
 暖地型夏芝全般  3月の頭からが目安。霜が降りなければ前倒しOK  春一番の施肥には定説の逆でケイ酸入りアルカリ肥料が良好
  更新作業の効果が早く出やすいのは姫高麗芝やティフトン芝だけだろう
 野芝や野芝タイプのつくばグリーン等の更新作業は4月に入ってからでも良いだろう。スプリングトランジッションも含めて
夏芝を早く動かすには早めにエアレーションを行い目土を入れて地温を暖める事が得策{4−50日も早く緑化する」

夏越しの管理方法芝生管理例サイト紹介<2007年9月26日のデーター2008年継続中>
 項目           作業     内容        
 殺菌剤の散布   猛暑時の日中での散布は充分な散水を行った後に処置すれば安全   週1回芝刈り後には必ず散布。予防も含めて
 肥料の種類  月に1回の施肥は尿素3g uあたり1リットルをジョウロで散布   有機肥料化成肥料完熟堆肥などは厳禁
 芝刈り  週2回で12−15mmでも可能 {8mmカットは凸凹グランドでは無理}  芝刈り後の殺菌剤の散布は必須になるようだ
 水やり  1日に最低でもu10リットル前後の散布が必要かも{2010年記録的な猛暑}  早朝がベスト、日中でも可能
 微量要素  補佐の肥料としては欠かせない。100−200倍の希釈で{物による}  ダメージを軽減。多少の回復力もあり
 殺虫剤の散布  月に1回は厳守.、特に有機肥料散布後は害虫発生を抑える為に予防散布を  本来は花曇の日で風のない日がベスト
 病気対応  6種類位の殺菌剤を1週間おきに散布もちろん湿度を考慮して使い分ける  1年を通してキノコ発生の心配が消えるようだ

 2007年今年の猛暑では水やり不足での病気ダラースポットや劇症のヘルミントスポリウムによって
 殆ど枯らしているようだ。こんな環境時には市販されている薬剤ロブラール・トップジンM・ベンレートを交互に使用し
 時々アリエッティやパンソイルを週1回の芝刈り後に散布すると比較的楽にクリアー出来る
「9割以上の生存率}
 インターネットで探すと芝適用の殺菌剤が素人にでも購入出来るようである。ホームセンターなら上記の物が効能有り

 2008年 今年はウインターパッチ以来の冬の病気フザリウムパッチに犯されてしまった
 肥料過多や秋の追い蒔きによる芽数の増量や刈り高によるムレ等要因が重なって
 の事のようだ。黄化の出る庭や、追い蒔きをせぬガーデンや、さほど肥料に気を使わぬ
 現場では、冬の病気のフザリウムパッチは縁が無い病気であろう
 ムレ湿気を作らぬ環境作りが必要、刈り高を上げぬようにとか、発症したのであれば
 初期対応はダラースポット的なパッチが見られるのでチオファメートメチルで処置
 病状が進んだ場合にはイプロジオンで対応すれば治癒するだろう

消さない芝の育て方と芝生情報
具体的作業方法
種子の選定
床土の作成
播種作業 目土{赤土・山砂・桂砂等}が基本。風の無い日が適期。メーカー指示の倍をイメージして散布すると良い
目土無しの手抜きをしたければ、手鍬で溝をつけそこへ播種その後平らに均すだけでもOK
発芽初期
芝刈り作業 病気発症を抑える為に葉に付いている水滴を取り除いてからが原則。株立ちを防ぐ為には週2回は基本。
好みの刈り高を決めたのであれば以後そこから5cm以上は決して伸ばさぬ事が鉄則。
水やり作業 季節事の散布時間帯の理解と散布量の把握
春と秋は1−3日おきに、なるべく午前中の散水を
夏は毎日早朝と午後5時前後に再度散水{昼過ぎでも問題無し}。夜までに湿気が無くなるように、
また週に1回は、たっぷりと
冬は週1−2回昼前後の時間帯に散水。過湿に成らぬよう注意
施肥作業 春は芝刈りのストレスがかかるので、充分なN/P/K施肥が必要。
夏は月1回の尿素5g・uと微量要素。特にキレート鉄の散布
秋は春以上に肥料攻撃をするべき。完熟堆肥・有機肥料・液肥・尿素・りん酸・カリ等
冬は月1回の尿素5g・uや液肥は効果有り
更新作業
ゴルフ場での環境と都市における一般住宅での庭では栽培環境が違い過ぎるので、同一視による全ての対応はキケンかも

製作施工申し込み info2007@sandt-uniquedev.com まずは現場を拝見 関東限定
工事依頼のTEL  048−854−2765  エスアンドティ 電話での見積もりは不可
個人・法人 庭の管理 住所・氏名・連絡先のTEL・FAX等をお伝え下さい
メールやFAXでのサポート 質問・相談には24時間以内に返信致します{当店で施工や種子購入後の方限定}
TELでのサポート 相談には毎日夜7−9時の間に対応しております{当店で工事や種子購入後の方限定}
消えない芝生作り普及による支援活動の為に相談承ります{関東圏内限定}
2013 4月4日
DIY志向の方 造園業の方 建設業界の方 各種施設のオーナーの方 自立管理が出来るように指導いたします。

生緑化促進事業協賛DIY愛好家を応援する洋芝業者専門店

著作権の侵害や盗用に当たります。当社の洋芝の写真や洋芝関係の文章のコピー掲載は禁止
Copyright (C) 2003-2004 SandT. All Rights Reserved.